塾なし中学生の勉強法

公立中学に通う息子の塾なし家庭学習・受験勉強ブログ。2021年都立高校推薦入試で合格しました。

都立高校推薦入試結果

2021年2月2日は都立推薦の合格発表でした。

合格の皆さま、おめでとうございます。長男も奇跡的に合格を頂くことができました。

  

発表はWEB先行

コロナのため令和3年度の合格発表は朝8:30からWEB発表です。校内掲示はその1時間後です。

 

前日ガイダンス

発表前日に中学で推薦発表日のガイダンスがありました。

 

  • 合格の場合 ➡ 中学に電話報告(合格報告、手続き時間の通知、給食の有無)をし、手続き後に登校(登校した時間から授業を受ける)

 

  • 残念の場合 ➡ 都立一般受験者は発表日当日が中学からの願書発送日なので、一般入試の受験料の支払いと領収書を持参して登校(登校した時間から授業を受ける)

 

受験校はともかく合否が丸わかりなのもどうなんだろうと思ったのですが、都立一般の願書提出日ということもあり、こうするしかないのかもしれません。(※長男の通う中学の場合です)

 

発表時の様子

WEB発表は東京都のHPにアクセスし、受験校名のリンクをクリックします。(PDFファイル)

 

長男が「最初に自分が見たい」というので、親はPCから離れたところで待機。発表開始時刻はアクセス殺到で開かないかと思いきや、そんなことは全くなくスムーズに閲覧できた。

 

「えっ、えっ、えーっ!!!」と驚きの声を上げた長男。「番号がある…。」在宅の夫と私もPDFファイルを確認。確かに長男の受験番号がありました。

 

長男は合格が信じられないらしく、その後もPDFファイルを開いたり閉じたりを何度も繰り替えしていました。挙動不審。

 

「やったー」とか「ワーッ」とかそういう反応は最後まで出ず、番号があることが不思議、番号があってホッとした、という感じでした。

 

合格者のみ高校ごとに手続きと制服採寸に行きます。受験番号ごとに手続き時間が指定されています。長男の受験番号はお昼近い時間帯が指定されていました。

 

中学に報告の電話。(長男本人が書けて報告)給食不要と午後からの登校の旨も合わせて伝える。

 

合格手続き

印鑑が必須です。忘れても気軽に戻れない距離なので、長男から念押しされて何度も確認して出発。

 

WEB発表のせいなのか推薦で決まったせいなのか長男も私も実感がなく、「PDFの表示ミスで校内の掲示板に番号がなかったらどうするよ?」とか言いながら高校に向かう有り様。

 

高校の掲示板で改めて番号を確認。ここでも番号ありました。写真を撮ろうとするも、掲示板の位置が高すぎるところにあり、本人を入れての写真が全然うまくいきません。掲示板が見切れるか本人が見切れるか。しかも逆光。とりあえずのシャッターを切るだけになりました。

 

受付で受け取った書類に長男の名前がちゃんと印字されていて「本当に合格してた」と親は思えたのでした。入学手続き。

 

その後は制服採寸(上着のみ試着可)、体操着注文(コロナで試着不可)、上履き注文(試し履き可)という流れでした。制服と体操着は配送されます。上履きは入学者説明会での受取り。教科書販売は指定期間にWEB注文で配送という形です。

 

帰り道に銀行に寄り、入学金5,650円を支払いました。最低限の手続きを無事に終えて帰宅するも長男は「合格の実感がまだわかない」と言ってました。

 

合否の基準はやっぱり分からない

合格発表の受験番号は連番もあるものの飛び飛びの番号が表示されていました。10番(10人)くらい飛んでいることも。残念な数の方が多いことを物語っていました。

 

長男は合格を頂けたもののその理由は分かりません。

 

強いていえば、長男の場合は最終的に内申が味方してくれた可能性がいちばん高いです。Vもぎや高校受験案内の推薦目安内申がどこまでアテになるのかは分かりませんが基準以上で臨みました。

 

もちろん作文と面接で見事に勝ち取った方もいると思うので本当に判りません。そしてボーダーのところの差は本当にわずかだと思います。当日の面接官の相性など本人に関係ない部分もあるので、残念の場合でも落ち込む必要はありません。

 

長男は生徒会・委員長・部長・クラス委員とは無縁です。リーダータイプではありません。どちらかというと、なり手のないものを腐らずに引き受ける(親から見たら要領の悪い)役回りです。

 

何だかんだいって推薦はリーダータイプでないとやはり厳しいかな?と思っていましたが、リーダータイプでなくても合格を頂けたので基準はやはり分かりません。

 

今日からスタート

母は長男に「推薦合格に恥じない高校生活にしよう。」と伝えました。「そのつもり。」と返ってきました。

 

一般受験の子たちが最後の最後に大きく学力を伸ばす時期です。「勉強はここで終わりにしないからね。」とも伝えました。

 

長男の進学先は中堅校です。長男は大学進学を考えていますが、正直、大学受験では偏差値50を目標にするレベルになると思います。

 

入学後に一般受験の子に引き離されないよう2月以降も引き続き頑張ってもらいます。