都立中堅校からの大学受験(旧:塾なし中学生の勉強法)

公立中学に通っていた長男の塾なし家庭学習・高校受験勉強ブログ。2021年都立高校推薦入試に合格し、高1夏休みから通塾しました。そのほか小6次男の家庭学習について。

高校入試と検定(東京都の場合)

東京都の高校入試で検定はどこまで重視されるのか、長男の受験(2021年度受験)を振り返って感じたことを書きます。 

 

結論を言えば、「ないよりはあった方がマシ」といった程度でした。検定取得に時間をかけるよりも内申点を上げることや、一般入試対策に力を注いだ方がよいと思います。

 

(今後入試制度の変更などで検定の扱いが変わった場合は、前向きに検定を考えてください)

 

 

どの検定を受けるか

成績が中位以上の場合

英検、漢検、数検とありますが、大学進学を考えている場合は英検です。中2のうちに3級以上、中3の1学期に準2級以上を取得できると高校受験のスケジュール的に助かると思います。

 

長男は中2の3学期に3級に落ちたので、中3の1学期で3級、中3の2学期で準2級を受験しましたが、中3の2学期に英検に時間を割きたくなかったのが本音です。

 

通っていた中学では長男を含め中3の2学期に英検を受験している子は多かったです。中3の2学期の受験がダメということではありませんが、中間テスト、期末テスト、Vもぎなどが目白押しなので、検定取得は中3の1学期中に終わらせた方がいいと思います。

 

中3の3学期の取得は調査書や併願優遇の手続きが終了しているので、高校入試には間に合いません。(入試直前なので検定を考える人はあまりいないと思いますが…)

 

成績が中位以下の場合

成績が中位以下の場合は英検にこだわらず、自分の得意科目の検定を受けた方が取得しやすいと思います。どの検定でも3級取得(中学卒業レベル)を目標に励むと良いと思います。

 

私立高校の併願優遇を使う場合、英検でも漢検でも数研でも3級なら同じ「加点1」という扱いになるところがほとんどでした。そのため英検にこだわる必要はないかと。

 

(ウチには小6次男がいますが、勉強の面でかなり苦労しそうなので次男は漢検で進めていくことを考えています)

 

検定と私立高校の併願優遇の加点

検定を取得していると「私立高校の併願優遇の加点に使えるかも」と思います。

 

内申が基準の1~2足りない場合に加点として使えます。3級なら「加点1」、準2級なら「加点2」の扱いになるところが多かったです。しかし、それは普通(下位)コースの話。

 

特進(上位)コースになると、検定による加点が使えところが多かったです。あっても加点1までとか、準2級以上といった具合に普通(下位)コースよりも条件が厳しくなってました。

 

高校説明会の際に個別相談をしても特進コースだと検定が考慮されることはありませんでした。「内申があと1つ上がれば基準に達するので、2学期の内申頑張ってくださいね。」と言われただけでした。

 

普通(下位)コースだと、例えば英検3級(加点1)と漢検3級(加点1)をもっていれば「加点2」とカウントできるところが多かったです。

 

(加点の条件は高校によって違いますし、変わる可能性もあります。その年の志望校の募集要項を必ず確認してください)

 

検定よりも内申や当日点を上げることに全力を注いだ方が高校受験においては報われるように思います。都立高校受験でも内申点が上がれば持ち点が上がります。検定を持っていても入試の内申点や当日点に反映されないからです。

 

検定と調査書の所見欄 

調査書の所見欄は検定を持っていれば記載してもらえます。所見欄は部活動やボランティア(課外活動)なども記載できるので、検定がない場合は他のことを記載すればいいので、検定がなくても何かしら記載できます。

 

※ボランティアは1日だけの単発地域イベントでも記載できます。部活単位や学校単位で地域活動(地域の運動会、清掃活動など)に参加したというのでも大丈夫です。なので、調査書の所見欄はあまり効力がないように感じました。

 

 ▼調査書の所見欄の確認をしました▼

www.jiga9.com

 

英検・数研・漢検以外の検定について

そろばんや書道といった検定は、長男が受験候補にした私立高校では加点の対象扱いになっていませんでした。調査書の所見欄に記入はできるかもしれませんが、合否への影響はほぼないのではと思います。(普通科の場合)

 

特殊な検定をもっていて商業系や工業系といった専門科を受験する場合は活かせる可能性があるかもしれません。志望校の募集要項を確認してください。