塾なし中学生の勉強法

公立中学に通う息子の塾なし家庭学習・受験勉強ブログ。現在中3、2021年高校受験。

第一志望校の学校説明会

f:id:habatako:20200820222604j:plain

 

11月上旬に都立第一志望校の学校説明会に親子で参加しました。

夏休みに長男ひとりで学校見学会に参加したことや、期末テスト1週間前の時期の説明会ということで申し込むか迷いましたが、この時期にもう一度見ておこうということで参加しました。

都立第一志望校を知ったきっかけ

都立第一志望校は長男が自分で見つけました。旧学区制でいうと自分の住むエリア外になるので、親はノーマークでした。

 

どうしてこの学校を知ったか尋ねると、「〇〇路線にある学校をチェックしていて、××駅に高校があったから。」と答えていました。ちなみに駅に特徴はありません。

 

長男は鉄道好きです。鉄道好きだとこんな探し方をするんだ Σ( ̄□ ̄|||)

 

その高校のHPを見たら、雰囲気の良さそうな高校だったので行きたいと思うようになったそう。夏の高校見学会で「やはりここだ!」とその思いを強くしてました。

 

高校説明会の様子

説明会は体育館で行われました。パンフレットの他に生徒会主体の手作り冊子も用意されていました。正直、全く凝っていない落書きに近い内容ですが(すみません)、楽しさはすごく伝わりました。中3生に「この高校はこんなところだよ。」を伝えたい気持ちを感じました。

 

長男も私もこの冊子が今回の説明会でいちばん気に入りました。冊子を見て長男は「○○部と××委員会に入りたい」と言ってました。(中学での部活や委員会とは違ってました)

 

待ち時間にその高校の行事を撮影した動画が流れていましたが、どれも伸び伸びと楽しそうに、かつ、熱心に取り組んでいる様子でした。

 

説明会の内容は校長先生の話、学校の特徴、部活や行事紹介、進路状況と進路指導についてです。コロナ禍での取り組みについても話がありました。先生方が頑張ってオンライン授業に取り組んだとのこと。

 

長男はこの高校の校長先生の話が好きとのこと。「校長先生の異動や退職がないといいなあ」と言ってました。(←合格してから言おうか)

 

校舎案内の動画が流れましたが、生徒によるナレーションが等身大・自然体で楽しそうでした。

 

他には高校1年生がどんな中3のときにどんな受験勉強をしていたかを紹介する動画もあり面白かったです。動画に登場する子は学校代表となるようなしっかりした子が多いと思うのですが、撮影に緊張しているのかあまり流暢ではないカメラ目線でもない生徒が映っていました。(でも話の内容に味はある)ここでも等身大の姿を感じ取ることができました。

 

親としては最終下校時刻が17:30というのが良いと思いました。今まで訪れた高校はどこもハードな文武両道を謳っています。それ自体は素晴らしいのですが、正直大変そうに感じていました。この高校も文武両道を謳っていて部活加入率も高いですが、無理のない両立の印象を受けました。

 

都立高校の個別相談について

説明会後は個別相談ですが、最初に先生から「私立高校ではないので成績相談されても何もお答えできません。現在都外にお住いの方、私立中学に通っている方は相談ください」とアナウンスがありました。

 

そのため説明会を聞いて終了となりました。アンケートは配布資料のQRコードを読み取ってメール送信でした。その場で慌ただしくアンケート記入せずに済みました。

  

説明会を終えて

高校見学に行って長男は志望校への思いを再確認しました。期末テスト直前でしたが参加して正解でした。

 

学校生活を楽しんでいる生徒が多い印象を母はもちました。長男がこの高校に惹かれたのが高校を訪れてよく分かりました。校風が長男の性格・志向に合っているように思いました。

 

懸念事項は通学時間が1時間15分~1時間半になることです。家から高校までの交通ルートは幾つかありますが、最低2回の乗り換えがあります。毎日通うとなるとどうだろう?と思っていました。

 

実際に足を運ぶと接続もスムーズで思っていたより距離を感じなかったかな。若い長男ならすぐに慣れると思いました。(なじみのないエリアなので遥か彼方に感じるのかも)最終下校時刻が17:30なので、帰宅も心配するほど遅くならなそうです。

 

学力的には実力相応校です。V模擬を見る限り内申は大丈夫そうですが、当日点はもう少し得点が必要です。安泰ではないけどもう少しで手が届く、といったところ。この点も長男向きです。(長男は上昇志向が薄いので挑戦高だとチャレンジする意欲すら起きません)

 

親は応援するだけです。