都立中堅校からの大学受験(旧:塾なし中学生の勉強法)

公立中学に通っていた長男の塾なし家庭学習・高校受験勉強ブログ。2021年都立高校推薦入試に合格し、高1夏休みから通塾しました。そのほか小6次男の家庭学習について。

第3回【全統高1模試】結果(長男高1・11月)

2021年11月に受けた河合塾の第3回【全統高1模試(記述式)】の結果です。個人申込、自宅受験です。

 

自宅受験の様子

当初会場受験を考えていましたが、いちばん近い会場は定員に達していて申し込めず自宅受験となりました。

 

当日は母が試験管になって模試の配布や時間管理をしましたが、母の目から見て緊張感なく受けていました。10分間の休憩時間はベッドに寝っ転がっているヒドイ有り様。

 

「学校の進研模試の方が緊張した。」とのこと。この緊張感のなさが自宅受験のネックですね。

 

第3回【全統高1模試】(高1、11月)の結果

長男は英数のみで受けました。数字は偏差値(全国)です。

  • 英語 48.7
  • 数学 58.8
  • 英数合計 53.6

 

f:id:habatako:20211214104612p:plain

 

英語の受験者数が37,775人、数学(総合)の受験者数は37,415人となっていました。

 

親の感想

母が心の中で勝手に想定していた長男の目標偏差値は50です。(進研模試より下がるイメージ)

 

英語は未達でした。長男は長文に苦手意識があり、模試の結果も長文がさっぱりでした。文法や英作文は平均点以上でした。英語がまったくダメというわけではないと思うので、まずは長文の苦手意識を払拭してほしいです。

 

数学と英数合計では目標偏差値をクリアしました。ただ緊張感のない自宅受験の結果です。会場模試だったらどうなっていたのやら。かといって、緊張感がないから力を発揮できたかというとそうでもないような。

 

その他:成績表を見て知ったこと

成績表には、全国、都道府県、校内が載っていました。学校受験ではないため同じ高校の受験者がいるのかと思いましたが、長男の他にひとりいました。長男は案の定2人中2位でした。

 

受験者ふたりの校内平均点が全国・都道府県と比べて異様に高く、その子が高得点だったことがよく分かりました。「長男が足を引っ張ってるのにこの平均点⁉」とビックリ。

 

中堅校は上下の差が激しいと言われますが、それを突きつけられました。あまりにもレベルが違いすぎるので長男も私も落ち込むことは全くなく、「同じ学校にすごい子がいるんだね~」と感心してました。

 

(自宅受験で参考書などを見ながら受けている可能性もゼロではありませんが、長男も私も河合塾に通塾していて会場模試で受けているんじゃないかとか勝手に楽しく妄想を膨らませていたのでした)

 

志望校判定について

全統模試では志望校判定がおこなわれ、第4志望校まで選べました。

 

長男はおおよその志望学部は決まっている感じですが、現時点でココといった志望校はありません。「どこを選んだのだろう?」と思った結果がこれ。

 

  • 第一志望 早慶上理 E判定
  • 第二志望 早慶上理 E判定
  • 第三志望 GMARCH E判定
  • 第四志望 (パスナビで)偏差値40台の大学 A判定

 

何も知らない高1生という感じですね。案の定、第1~第3志望校は知名度からピックアップしたそう。そして第1~第3志望校は長男的にも高望みと思ったので、第4志望校は良い判定が出るかもしれないと思った大学を書いてみたとのこと。

 

しかしこの判定、長男の実力相応校がどの辺りなのか全く見当がつかないということだけが分かりました。あとは偏差値40台の大学を抑えにするイメージができたくらいです(^^;)

 

さすがに長男もこの判定が自分には役に立たないと思ったらしく、「B~C判定が出そうな大学を知りたい」と言ってました。

 

今回「知名度で選んだ」と言っている長男が早慶上理やGMARCHを本当に目標したいのかは母には分かりません。ただ長男は目標があまりにも高いと挑戦意欲すら湧かない性格だと母は思ってます。

 

長男はスモールステップタイプに見えるので、まずは実力相応校やもう少し頑張れば手が届きそうなところを目標にして進める方が心折れずに勉強に励んでいけると思います。

 

まだ明確な志望校がないこともあり、「今後高1・高2で受ける模試の志望校判定は毎回いろいろな偏差値帯の大学を書いてみる」と長男は言ってます。

 

高1の模試について思うこと

高1の模試ということもあり、今回受けた中での結果にすぎません。今回の立ち位置は高3になるころには全く別物になると思います。長男には申し訳ないけど、長男が高3になったときに今よりも下がるイメージを母はしてますw(もちろん本人には言ってません )

 

偏差値や順位どうこうでなく、模試を受けることで解けなかった問題や苦手分野が明らかになるので、弱点を復習して学力向上に努めてほしいです。

 

3学期も全統模試を検討

1学期は【駿台atama+学力判定テスト】、2学期は【河合塾全統模試】を受けました。正確性は不明ながらも志望校判定があるので3学期も【河合塾全統模試】にしようと思います。

 

第4回【全統高1模試(記述式)】は2022年2月6日(日)です。個人申込(一般生)の受付開始は12月22日(水)12:00~です。

 

www.kawai-juku.ac.jp

 

▼長男が今まで受けた模試について▼

www.jiga9.com

 

www.jiga9.com

 

www.jiga9.com