都立中堅校からの大学受験(旧:塾なし中学生の勉強法)

公立中学に通っていた長男の塾なし家庭学習・高校受験勉強ブログ。2021年都立高校推薦入試に合格し、高1夏休みから通塾しました。そのほか小6次男の家庭学習について。

中3の11月に取り組んだこと

中3の11月に取り組んだことです。

 中3の11月に取り組んだこと

11月の3週目までは期末テスト対策のみでした。提出物の多さに苦労しました。テスト1週間前に「新たな提出物追加+以前の提出物(一部)は提出不要」といったちゃぶ台返しの教科があり翻弄されました。

 

期末テスト後の取り組みは以下の通り。

 

英語

「ハイパー英語教室中学英語長文1」の続きです。「内容に沿って解く+前日の長文音読と当日の長文音読」をして進めています。

 

  

「高校入試スーパーゼミ英作文」も継続中。穴埋めから並び替え問題のページに進みました。 

高校入試スーパーゼミ英作文 新訂版 (シグマベスト)

高校入試スーパーゼミ英作文 新訂版 (シグマベスト)

  • 作者:松村 智義
  • 発売日: 2014/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

数学

数学は定期テストは何とかなっているもののV模擬や実力テストは歯が立たずです。市販問題集、進研ゼミなどに取り組んできましたが、長男に今一つフィットしていない感じです。

 

迷走するとどれも中途半端になるのでよろしくないですが、スタディサプリの高校受験対策講座に取り組むことにしました。

 

事前に問題を解いて答合わせと解説確認をし、講義を聞くスタイルです。1回の勉強時間に1チャプター(1ステップ)分を進めるのが精一杯なので、苦手分野にしぼって受講します。関数分野を受講しました。

 

基礎問題のSTEP1と標準問題のSTEP2だけにしていますが苦戦しているようです。それでも長男は「スタサプのこの講座をもっと早くから取り組んでいれば良かった」と言っているので、解き方のポイントが掴めればと思います。

 

国語

手持ちの出口問題集が終わったので、スタディサプリの高校受験対策講座に取り組みました。まずは論説文の読解分野です。数学同様に基礎と標準問題のみ。こちらの講座も長男の評判は良いです。

 

理科

f:id:habatako:20201201141655j:plain

受験チャレンジ11月号


理科は進研ゼミの受験チャレンジを継続しています。11月号(生物分野)を終えました。

 

学校ワーク同様に間違えた問題は解き直しや知識の覚え直しをするように言ってますが、どこまでできているかは分かりません。

 

社会

勉強量の割に得点できていたので優先順位が低くなっていました。そしたら今までの貯金が尽きてきました(T_T) 

 

進研ゼミとスタディサプリの高校受験対策講座のどちらかを長男に選択させたら、スタディサプリを選びました。基礎と標準のみです。結構抜けているらしく良い確認になると言ってます。

 

スタサプ高校受験対策講座について

メリット
  • 47都道府県別

都道府県別とはいえ重複する講座があるので、自分の受験校エリアのものを受講すればOKです。

  • 5教科ジャンル別

5教科がジャンル(単元別)になっています。苦手分野をピンポイントで受講できます。扱う問題は全国の過去問です。

  • レベル別

STEP1(基礎)、STEP2(標準)、STEP3(応用)で構成されています。中堅校までならSTEP1と2で充分とのことです。長男はSTEP3を解く力がないので手をつけてません。

 

デメリット

受験対策講座のテキスト販売がなく自分で印刷しないといけないところが手間です。ダウンロードしてタブレット等で見ながら解くやり方もありますが、長男は紙に書き込みたいと言っているのでプリントアウトしています。

 

STEP1が基礎、STEP2が標準、STEP3が応用ですが、超難関校向けの講座はありません。都立の自校作成校には対応していません。

 

あと、映像はどうしても時間がかかります。速度を変えられますが、長男は1.25倍が限界のようです。

 

▼都道府県別の公立入試対策講座あり▼

 

11月を終えて

時間が経つのが本当に早く感じます。数学が目標レベルまでまだまだなのが気がかりです。今まで本人に数学の苦手意識がなかっただけにやっかいに感じます。焦るらずに1点ずつ積み上げていけば目標点に届くだろうと構えたいところです。