都立中堅校からの大学受験(旧:塾なし中学生の勉強法)

公立中学に通っていた長男の塾なし家庭学習・高校受験勉強ブログ。2021年都立高校推薦入試に合格し、高1夏休みから通塾しました。そのほか小6次男の家庭学習について。

高1・1学期の成績

高1長男の1学期の評定が出ました。 

  

高1・1学期の成績 

中間テストと期末テストの結果から予想は付きましたが、似た学力レベルの子が集まる高校で長男が良い成績を取るのは厳しいようです。

 

  • 英語表現・・・4
  • それ以外・・・3

 (5段階評定です。長男に何度も確認しましたw)

 

大学入試は一般入試で頑張ろう。

 

指定校推薦は中間テストの時点で無理そうだと思っていましたが、公募推薦も厳しそうです(><) 評定平均を問わないところしかチャレンジできない。

 

推薦入試で大学受験するというほどの信念はなく、利用できる受験方式があれば使いたいくらいに思っていたけど、甘い考えでした。

 

長男本人は「一般入試しかないだろう」と入学時から自覚があったとのこと。親の方が淡い期待を抱いていた(笑)

  

長男の評定を見て思ったこと 

評定を見て、長男の通う高校の成績のつけ方を母なりに探ります。

 

期末テストがかなり良かった数Ⅰが3だったということは、平均点以下の中間テストと相殺されたということでしょう。4が取れた英語表現は中間・期末とも平均点を超えた唯一の教科でした。そしてひとつでも4がついたことは、長男にとって微かでも希望の光です。今後の英数は4を狙っていこうと思えました。

 

教科によっては本当に下から数えた方が早いのですが、授業全出席、小テスト・提出物クリアで平均点よりかなり下でも3がつきました。3はやはり真ん中ではない。3の範囲が相当広いように感じました。

 

全くパッとしない評定ですが、追試・補習の呼び出しなく1学期を終えられたことは良かったです。 長男曰く、クラス内に補習者はいなかったけど、追試はちらほらいたとのこと。

 

今後に向けて

「まずは英語と数学を固めて他は赤点回避」という路線をこのまま進めていきます。一般入試に向けて頑張るということならば、高1の科目は英数以外は受験に関係ないものがほんとんどなので、評定や順位を気にせず英数の力をつけることに専念してほしいと思います。